おいしいソフト食を

料理演出

硬いものを控えがちになられた高齢者の方や介護の必要がある方は
ご家族の方と一緒に食事をされても食べ物をミキサー混ぜあわせた「流動食」。
時間が経つと分離してしまったり、食材の味が混ざってしまい何を食べているのかわかからない。
せっかくの食事も全く「おいしくない」という方も多いようです。

ソフト食とは、ある介護施設に入居されている方達の中で、ミキサー食の事を「ドロ」や「ゲロ」といった呼ばれ方をされているのを聞いた介護職員さんが、分離しないようにゼラチンで固めた「ゼリー食」を試みたのですが、冷たい状態でないと提供できないなど難点があり、「温かい食事を」と試行錯誤の末できあがった作り方が「ソフト食」なのだそうです。

ペースト状にした食材にデンプンをもとにした増粘剤を添加して、
加熱して固めるので、
温かい料理を口にしながら食感もえられます。

それを更にひと工夫
肉は肉の形に、魚は魚の形に、
野菜も野菜の形をしているので
味も違和感なく感じることができます。

食べる楽しみをいつまでもなくさないでもらいたい
そんな気持ちからソフト食が出来上がったようです。
ツナギに山芋を使用してもいいですね。

シリコンソフト食の型容器をお求めなら日光陶器店オンラインシショッピングへ
http://www.nikko-factory.co.jp/shop/bsl30.html

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

料理道具
ソフトなターナー

「パンケーキを上手にクルッとしたい。」「魚のソテーをきれいに盛り付けたい。」「ハンバーグを上手に焼き …

料理道具
ごはん鍋のお話

近年では電化製品の普及によって、炊飯器も格段な進歩をとげております。今では内釜の素材厳選、蒸気の調節 …

料理道具
イノシシの抜き型

もう、おせち業界では来年の準備に大忙し。もう、お正月に向けて突っ走ってます。 来年は亥年。どんな年に …