冷めたごはんも美味しく

保存容器

最近では「ごはん鍋」で炊いた、ごはんの美味しさに気づかれて、ごはん鍋をお使いの方も多くなりました。
ところが、熱いご飯をそのままにしておくと、大量の蒸気でビショビショになってしまいがち。
そこで、昔の人は水分の調節が自然とできるようにと「おひつ」を使用しました。

その多くは、水を吸収しやすい杉材などで作られたものがおおく、余分な水分は素材が吸収し、ごはんが冷めはじめてからは保湿をしてくれるのです。
しかし、木製のおひつは柔らかい素材なので、キズが付きやすく、扱いを丁寧にしないと、そこから雑菌などが入り、カビなども付きやすくなってしまいます。

そこで、おすすめなのが、「ニューセラミックス おひつくん」
微細構造を持つセラミックおひつの表面が
水分を程よく保持し、ご飯を美味しく保存します。

ニューセラミックス おひつ君

このセラミックのおひつ君は過度の乾燥を防ぎながら
保温性の高いセラミック素地がご飯をしっとりと保持します。

おひつくん

冷蔵庫での保存はもちろん、
フタをしたまま電子レンジの使用も可能です
ふっくらご飯の温め直しも可能です。

一度、使っていただくと良さをご理解いただけると思います。

価格¥2,490円 数量:

お求めは日光陶器店オンラインショッピングでどうぞ

http://www.nikko-factory.co.jp/shop/doh10.html
ニューセラミックス おひつ君

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

保存容器
手作り味噌

「寒仕込み」といってもお酒ではない。 大豆を茹で、米麹と混ぜて手作り味噌を仕込んでみた。 どちらかと …