カッティングボード

テーブルウエア

カッティングボード
つまり、まな板だ。

まな板なんだけどオシャレじゃないといけない。
これは誰もが感じているところだろう。

では、どのようにオシャレであるかというと
”使用感”である。

どちらかというと、ビンテージものに感じるあれである。
擦り切れていたり、凹んでいたほうが、なんとなく貴重品であるかのような雰囲気が木製のまな板にはほしいのだ。ナイフによって入った無数の線がただものではないという貫禄を感じさせるのである。だからといって、オリーブウッドの場合、わざと傷つけるようなことをする必要はない。オリーブの木はとても硬い木なので、よほど突き刺すような事をしなければ、ナイフの刃が深く入り込むことはない。また、洗浄後、乾燥したら薄っすらとオリーブオイルを染み込ませるのも楽しみの一つである。墨を流したような褐色の木目が、オイルの染み込みによって浮き出てきて、使い込むほど使用感が増してくるのだ。
なんとなく”育ててる”と感じさせてくれることだろう。

手入れも簡単、清潔感も忘れてはならない。

ベラール オリーブウッド カッティング ボード 特大 54372 
ベラール オリーブウッド カッティング ボードはこちら→●

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

テーブルウエア
ガラス 浅漬鉢

朝採りのキュウリを切って粗塩ふって冷蔵庫に。浅漬けの素などを使えばお昼には浅漬ができている。 ガラス …

テーブルウエア
ハリオ ドレッシングボトルスリム

醤油の中にニンニクを入れておくだけのお手軽調味料ニンニク醤油お料理で醤油で味付けする際、ボトルに入れ …

テーブルウエア
オリーブウッド ボール

オリーブは地中海沿岸が原産のモクセイ科の常緑樹で、乾燥にも強く丈夫なことから、日本でも明治時代より栽 …